« 油断禁物・・・ | トップページ | 夢で。 »

2011年10月15日 (土)

5ヶ月

今日でマルクが逝って5ヶ月です。

まだ5ヶ月なんだぁ。

マルクにさようならを言ったのは、もう随分昔のような気がするのに。
こんなふうにどんどんマルクの感触が薄れていく時の流れがうらめしい。

今日はセディと雨の合間にHey-Qを散歩しました。
人が殆ど居ないHey-Q。
セディを自由に歩かせながら、マルクのことを思い出していました。

091224_4
2009年クリスマス・イブのマルクです。

マルクは本当に犬とは思えない知恵のある子だったと思います。

~今日思い出した、マルクのエピソード~
フランスに住んでいたとき、日本人好みのお魚を冷凍で送ってくれるオランダのお店から
月に一回、取り寄せをしていました。
送料負担を軽くするために、毎回5~6人の日本人の友人と注文をしていました。
その日も魚が届き、我が家には次々と友人が受け取りに来ていました。
自由に家に入ってきて、お茶やお菓子を食べながらお喋り。
そして、魚を受け取って適当に帰っていきます。
幾人かが受け取って家から出て行きました。
そのとき、ドアをきちんと閉めずに出て行った人が居て、
その空いたドアからマルクが外へ出て行き、敷地の外へも出たようです。
(門扉がない家でした。でも、道路は袋小路になっていて、車は殆ど通りません。)
その時まで、私はマルクが居ないことに気付きませんでした。
ふと、玄関を見るとドアが開いていたので、閉めに行こうとしたら
スルリとマルクが入ってくるではありませんか。
「あら、マルク!勝手に外に出たの?!」と驚きながら近づくと、
マルクの口に何かが咥えられています。
「アウス!(出せ)」と命じ、彼がポトリと口から落としたモノは・・・・
鯛の味噌漬けのパックでした。
誰かが、表の道に止めたクルマに積み込む際に落としたのでしょう。
それを見つけて、パックを傷めぬように咥えて戻ってきたマルク。
「ママー!これ落していったよー!」っていう言葉が聞こえた気がしました。
きっと味噌と魚の良い匂いがしたであろうに、
歯型をつけることもせず、綺麗なまま持ち帰ってきたマルク。
本当に驚かされ、またそんなマルクのことを誇らしく思いました。


セディもそんな妙技を見せてくれるようになるのでしょうか・・・。
あ、比べちゃいけませんね。
マルクはマルク。セディはセディ。

でもセディ、マルクは本当に素晴らしいお兄ちゃんだったんだよ。
貴方がまだマルクを感じられるのなら、そんな妙技のコツを聞いてみてくださいな。










|

« 油断禁物・・・ | トップページ | 夢で。 »

マルク亡きあと」カテゴリの記事