« 最期のときのこと | トップページ | 6月1日の彼は・・・? »

2011年5月26日 (木)

ぼんやりと過ぎる日々

11日経ったのね。
でもまだ、たった11日間なんだ。
もう随分と長くマルクに会っていないような気がします。
マルクの居ない時間は、1分1秒がおそろしく長い。

友人と会ったり、セディと出かけたりはしていますが、
充実とは程遠く、どこかぽっかりと穴が開いたような
でもその穴に気付かないふりをしているような
なんとも中途半端な感じで過ごす日々です。

あまり涙がでなくなったなぁ・・・と思っていると
ふとした時に突然ぶわーーーっと湧き出てきて、
ハンドル握っているのに前が見えなくなったり。
誰にも会いたくないと思ったり、急に人恋しくなったり。

自分の心のうちがよくわからない感じです。

Simg_5045
こんな写真を見てしまうと、あぁ、やっぱり会いたくて辛くなる。
じゃあ見なきゃいいのに、マルクに会いたくて見てしまう。

マルク、あなたが居ないのはやっぱりとっても寂しいよ。
あなたは私が居ないのが寂しくないですか?

潔いあなたの逝き方に反して、未練がましい自分が恥ずかしいな。

|

« 最期のときのこと | トップページ | 6月1日の彼は・・・? »

マルク亡きあと」カテゴリの記事