« カタチ、出た! | トップページ | 奈良WANSクラブ新年会 »

2011年1月 8日 (土)

おたく誰?

本日は マルパーからのレポートです。
(記事作成はワタシです)

マルクと裏の畑へ散歩に出たときのこと。
用水路に巨大ネズミ発見?!

Sdvc0108_3
すごい尻尾を持ってますね。

Sdvc0108_4
マルク、「おたく、誰やのん?!」と興味津々。
でも相手は警戒音を発していたそうです。

巨大ネズミはヌートリアと思われます。

マルパー調べによると、
毛皮人気で輸入・飼育されたものの、価格暴落で飼育に値しなくなり
野に放たれたものが 日本のあちこちで 野生化しているようです。
既に害獣指定されているそうな。
勝手に連れて来られて放り出されて、挙句 害獣指定にされちゃうなんて
ヌートリアが言葉を話せたら 一体なんと言うでしょう。

つがいで行動するそうなので、この子にも相方がいるのかな。
ということは、畑のどこかで人知れず数が増えているのかな。

しかし、イノシシだのサルだのヌートリアだのキジだの、
自然動物園のような畑です。

|

« カタチ、出た! | トップページ | 奈良WANSクラブ新年会 »

お散歩」カテゴリの記事

コメント

ご挨拶が大変遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
一瞬温泉に浸かるカピバラかと思ってしまいました(笑)
ヌートリアでしたか!すごい尻尾ですねcoldsweats01
我が家の近所の畑も自然動物園です。サル、鹿、イノシシ。
歩いていたら「罠が危ないから入らない方がいい!」と言われびっくりしたり、夕方は銃声が轟き、畦道にイノシシの亡骸が転がっていたり、かなりのカルチャーショックですcoldsweats02
マルク君、興味津々ですね(^m^)
↓の自然療法の記事を拝見しました。スウィートも病気が発覚し、同じく自然療法を取り入れQOLの向上に力を注いで行く事となりました。
マルク君の病気と向き合うマルクままの姿勢に、いつも頭が下がる思いでブログを拝見しておりました。
お互い頑張りましょうね。
今年もマルク君に会える機会を楽しみにしておりますheart01

投稿: coorai | 2011年1月 9日 (日) 12時04分

耳の形からしてクマネズミとは違うようだし、ヌートリアにしちゃ小さいから、子供なのでしょうね。
こういう外来種が自然繁殖して、日本の昔からの生態系が崩れていくのが恐いです。
わが家周辺でも、毛皮目的でミンクを飼育、ヌートリアの毛皮同様に価格暴落で飼育中止されましたが、逃げたミンクが自然繁殖していて、結構の頻度で目撃できますし、養魚池で魚を獲るので経済損失大です。
またペットとして持ち込まれたアライグマ、手に負えなくなったのか捨てられたものが大繁殖で、北海道全域が汚染され、農業被害が大変です。
農業被害に手を焼き、有害動物駆除で箱罠を無許可で仕掛けた農家が裁判で有罪判決を受けたという、何ともやりきれないニュースも多いです。
駆除を道に申請しても、テキパキと箱罠を仕掛けるということはしてくれないようで、堪りかねた農家の自衛手段さえ法律違反でしょっ引くのですからね。
そのほか、エゾシカ、ヒグマの保護活動で個体数が増えすぎて駆除に手を焼いている現状は、行き過ぎた動物保護は有害だということなのでしょうかね。
ヌートリアが、農作物や動植物に被害を与えませんように願うしかないですね。
  

  

投稿: shio-chan | 2011年1月 9日 (日) 19時44分

びっくりです。 興味半分でペットとして飼われて捨てられたのでしょうか?島国だから、ほんと何か病気でも蔓延したらと思うと不安。  
マルクちゃんもびっくりでしょうね。 私もびっくり。 

投稿: ハッピーの母より | 2011年1月 9日 (日) 22時09分

お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。
さすが、わが街。
自然動物の宝庫ですね~。
次は、何が出てくるかな。

投稿: | 2011年1月10日 (月) 08時31分

☆cooraiさん、

おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
このところ、皆さんのブログを訪問することが出来ていなかったので
スウィー君のこと、コメントをいただいた後に知りました。
ごめんなさい。
病気がわかっても、当の本犬は至ってマイペースですよね。
知識のある人間のほうが、ずーーとオタオタします。
スウィー君とマルクの持つ力+自然療法のパワーを信じて
私たちは彼らが楽しく心地よく日々を過ごせるように頑張りましょう。
またゆっくりお目にかかりたいです。


投稿: マルクまま | 2011年1月11日 (火) 01時45分

☆shio-chanさん、

本当に外来種の増加はあちこちで日本の生態系を壊していますね。
全ては人間のしわざ。
このヌートリアも、誰かの手によってここに居るのだと思うと
可哀相に思いつつ、放った人間には怒りを感じます。
それにしてもこの尻尾、写真で見るだけでも太くてびっくり。
私がもし見つけていたら 逃げてるかも・・・。

投稿: マルクまま | 2011年1月11日 (火) 01時51分

☆ハッピーの母さん、

びっくりですよね。狐や狸やウサギがこの周辺に居ることは知っていましたが
こんな生き物までいるなんて・・・。
仰るとおり、よくない病気を媒介しないか気になります。
でも彼らも好んでここへ来たのではないのですから可哀想です。
マルクは未知の生き物を目の前に、吠えていたようです。
何を言ってたのでしょうね。

投稿: マルクまま | 2011年1月11日 (火) 01時55分

☆○△□さん、

えーっと、タイトルに引っ掛けて無記名にしていただきましたか?(笑)
同じ街ということは・・・、もしかしてひとりっ子クラブの会長様でしょうか?
こちらこそお久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。
また桜の頃に一緒にお花見できたらいいなぁ~と思っています。
あ、間違っていたらごめんなさい。
よろしければ、またどちら様か教えていただけますか?

投稿: マルクまま | 2011年1月11日 (火) 02時00分

写真で見た感じはヌートリアではなく
普通のどぶねずみかと思います
ヌートリアはもう少し巨大なんですけど

投稿: シリウスママ | 2011年1月11日 (火) 15時30分

☆シリウスママ~、

えーっと、実はこの側溝は深さが1メートルくらいあるんです。
マルクの頭の下にはかなりの距離があるので、実際の大きさは身体だけで ゆうに30cmを超えていたようです。
マルパーはまず そのサイズにびっくりしたようですよ。

投稿: マルクまま | 2011年1月11日 (火) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カタチ、出た! | トップページ | 奈良WANSクラブ新年会 »